男性用陰圧式勃起補助器具

男性器勃起補装具
日本をはじめ、世界11カ国で特許取得

いかなる状態にも対応の男性器勃起補装具

男性器補助具

男性器勃起補装具
日本をはじめ、世界11カ国で特許取得

いかなる状態にも対応の男性器勃起補装具

ED(勃起不全)の最終手段

男性器勃起補装具
日本をはじめ、世界11カ国で特許取得

いかなる状態にも対応の男性器勃起補装具

ED(勃起不全)の救世主

 本特許技術の開発テーマは、人間の性行為は女性本位のいとなみであるとして、勃起不全(ED)の状態にある男性でも電気や薬物を使わずに、本器を装着することにより“相手女性に勃起した陰茎以上の性的快感”を与え得る機能を特徴としています。
勃起してもしなくても何ら支障なく、ひとたび装着すればバルブ機能を解除するまでは、本器全体が身体に食い入るように密着し一体化(支点の形成)の状態を限りなく持続できます。
 本器の基部(最大外径45mm)肉厚部は小陰唇性感部にフィット(作用点となり支点を形成)し、陰茎基部上辺の恥骨結合部位とクリトリス(陰核)との接合を的確にしている。さらにGスポット性感部に接触しつつ標準型(L165mm)をもって先端の亀頭収納部位は、子宮経膣下部(ポルチオ性感帯)に到達(作用点)し交接する。
本器を装着しての男性の性行為は身体の動き(カ点)を補助具全体に100%伝動し、しかも限りなく持続できる。よって相手女性が如何なる状態にあるかを見極めつつも最大レベルの絶頂性感にあるタイミングを逃さず男の役割を全うできることを目的として開発しました。

男性器補助具の概念を打ち破る

いかなる状態の陰茎でも根部まで取り込むこと可能で、勃起の状態を限りなく持続できます。
また、相手女性の性感部のいずれにもフィットし、女性に勃起した陰茎以上の性的快感を与えることができます。

代金後払い

パートナーへの快感を追求した特許技術

世界11ヶ国で特許取得の技術が実現する効果
使用方法

本補助具のテーマは、勃起不全(ED)の状態にある男性でも電気や薬物を使わずに本補助具を装着することにより相手女性に勃起したペニス以上の性的快感を与え得る機能を可能とします。
本補助具は正確に装着することで機能が発揮されますので、下記を参考に正しく装着してご使用ください。

お客様の声

特許技術の開発テーマ

 人間の性行為は女性本位のいとなみである。として勃起不全(ED)の状態にある男性でも電気や薬物を使わずに本補助具を装着することにより相手女性に勃起した陰茎以上の性的快感を与え得る機能を有すること。
勃起してもしなくても何ら支障なく、ひとたび装着すればバルブ機能を解除するまでは 補助具全体が身体に食い入るように密着し 一体化(支点の形成)の状態を限りなく持続する。
このテーマは世界中の男性諸氏が遅かれ早かれ避けて通れない道程といえる悩みの解消である。

特許技術の構造・特徴・効果 (中国特許出願々書の請求項の範囲)
 勃起した陰茎を模した硬質サックの先端に空気抜き孔を配するとともに接続する基部には萎縮した陰茎よりやや小さい内径で拡張して陰茎の挿入を容易にしつつ、装着後に萎縮しようとする陰茎が誘発する陰圧に耐える筒状肉厚のゴム状素材をもって構成し、開口する基部挿入口からの空気の流入を阻止する構造とする。
 質サック全体を被覆する軟質スキンの先端に硬質サックの孔とずらした位置に空気抜き孔を配することにより外からの空気の流入を阻止するバルブ構造とする。

 本補助具(L165㎜)は、先端の亀頭収納部はポルチオ性感帯に到達(作用点)し、 基部(最大外径45㎜)肉厚部は小陰唇性感部にフィットし、クリトリス(陰核)との接合を的確にしている。本器を装着しての男性の性行為は身体の動き(力点)を補助具全体に100%伝動、しかも限りなく持続できる。
よって相手女性が如何なる状態にあるかを見極めつつも最高レベルの絶頂性感にあるタイミングを逃さず限りなく持続し、男の役割を全うできる。
 本補助具を手にした男性は“できない”が“できる”として自信を得ることでどれほどの人生の励みとなるか計り知れないものがある。

“性の本質を知る人”とは

 我が国では有識者を自認する人ほど“性”に関しては無関心を装い、あるいは“性”に関しては知らないことが識者の証しとするような常識が大勢を占めている。 性行為は進化の過程にある動物の本能的行動であるかのごとくの偏見かと思しきは学ぶ機会が無かったからにほかならない。 我が国においては、義務教育の課程で女生徒向けの生理に関する教育がなされるものの、男性も女性も性行為についての学舎はなく単行本や週刊誌及びネット通信等を通して知るしかない。そうした情報の多くは虚偽、誇張して掲載しており、およそ不真面目なものが殆どで人知れず盗み見て知ることに罪悪感さえも覚えつつ自分なりの常識としている。
性の本質を知る人とは、“人間の性行為は女性本位のいとなみである”ことを知る人である。

 女性ならば己が身体の天与の仕組みを知っているのが当然かと思しきが、一方の男性も、男は女性のための役割を担うべき立場にあることを知らない男性はあまりにも多い。
一般的に知られているクリトリス(陰核) から 馬蹄形に拡がる小陰唇には数千本に及ぶ性感神経が 張り巡らされておりGスポットもその一部であるとの学説(Wikipedia)がある。
女性のクリトリス及び小陰唇での性感は10~20秒間程度で、 男性の性感も射精時の数秒間ではあるが“かけがえのない愛のひととき” であり、双方のタイミングが合えばお互い納得している。 男性も女性もごく一般的な性に関する知識としている。
但し、クリトリス及び小陰唇の性感をもって全てとする程度の性知識では早晩行き詰まる、つまり勃起不全や早漏に女性の不満が積み重ねられ日常生活に影響することは多くある。人間の創造主による人間の性行為は、女性器の最奥に位置する子宮経腟下部(ポルチオ性感帯=portio vaginalis uteri)と男性器亀頭部とは70~150度の角度で交接する“造化の妙”とされ、ポルチオ性感帯での性的絶頂感は脳から爪先まで最高レベルの快感が全身に波及し、体力の続く限り持続する。本来ポルチオ性感帯での交接こそ人間の性行為の真骨頂である。
〘ポルチオ性感帯には性感神経はなく、知情意を伴なう接触感覚(脳の働き)が催眠状態の暗示の如くに受け入れ、神聖にして最大レベルの性感として開発されるという。正に女体の神秘とされている〙

創造主が授けし時はポルチオ性感帯での交接は正常位を前提としているが、より近世までの間に男性の陰茎は短小化してか女性の体位が向上してか ポルチオ性感帯には届かないとみている。ただし、女性騎乗位では子宮底が下垂してか勃起した陰茎の長さ12~13㎝で届くとみている。
然るに女性騎乗位を常態としている男女はポルチオ性感帯での情交を交わしているとみるが、それとても勃起不全・中途での萎え、短小、早漏の悩みは付きまとう。
日本においては、長く性を封鎖してきた結果、相手を思いやる関係性が欠落しており、男性は“男性本位”の考えしかないので、男性自身が我慢すれば解決できるなどと誤った思いやりもある。「男には攻撃的、支配的、自己中心的な性行動がある。子供のうちから相手を思いやる関係性を教えないといけない」とは“人間と性”研究協議会講演禄より。
俗諺“据え膳喰わぬは男の恥”とて相思相愛の仲でも男として これ以上の屈辱はない。仮にも“できない”が“できる”として自信を得ることができたとしたら、どれほどの人生の励みとなるか計り知れないものがある。

“禁断の扉”ポルチオ性感帯についての考察

 関連文献によれば、女性器膣部の最奥部に位置する子宮口経腟下部は ポルチオ性感帯(Portio vaginalis uteri)として 男性の陰茎亀頭部とは70~150度の角度で交接する“造化の妙”とされ、脳から爪先まで最高レベルの快感が全身に波及し、しかもその絶頂性感は体力の続く限り持 続する。
ただし、ポルチオ性感帯(子宮口経腟下部)には もともと性感神経はなく、知情意を伴う接触感覚が指圧療法の壺のごとくに施与して 最高レベルの性感帯として開発されるものであり、まさに女体の神秘である。
〘 仮説=ポルチオ性感帯の絶頂性感は過去に知り得た性体験を自己暗示とした自己催眠状態。〙 ここでの知情意とは、双方共に“知”とはポルチオ性感帯という最大レベルの性感の存在を知ることであり、“情”とは愛情・欲情・色情であり、“意”とは双方が意をもって開発し事を成すことである。
 “禁断の扉”ポルチオ性感帯について、意をもって敢えて開錠し、女体の神秘を解き、開発しようとするときに上記の“仮説”をもって重ね併せ納得することがある。

 ポルチオ性感帯は 女性騎乗位でようやくフィットするくらいに奥深い、つまり正常位では届かない場合が多い。ちなみに自ら騎乗位を求める女性は、ポルチオ性感帯が開発された女性である。
(ポルチオ性感帯が開発された女性は10~15%程度と言われている。)
 ポルチオ性感帯の開発方法に関しての関連文献は、誇張して書いているもの虚偽と思えるものも少なくないなかで 高齢の場合の遅きに失したというような記録はないので双方の知情意を養いつつも双方の慈愛をもって創意と工夫をもって実践しつつ開発を成し遂げていただきたい。

 開発にあたってタイミングを図るとかチャンスとか 雰囲気とか意をもって創作し、演出することもあって然るべきで重要なことである。仮にも女性が気乗りしないときに頑張っても報われない。女性は刺激的な事象に接したり見聞きしたときなど予期せぬ性衝動に駆られるときがある。そのような時こそが開発行為のチャンスである。
 一事例を紹介する。
農村では、その昔 農耕馬の種付けの場を観る機会がたまたまあったという。発情した雌馬に牡馬が突撃する光景は壮観だ、観戦しているのは婦女子が多く木陰や物陰にたたずむも終わったあとで動けなくなっている女が何人もいたものだと聴く。 正に技巧不要の絶好のチャンスである。
 今なら性行為の動画はネット配信でいつでも見ることができる、殆どが破廉恥極まる誇張した動画ではあるが 人間誰もが五感による刺激は理屈なしに身体全体に反応するものであり、前戯の一として取り入れることができる。一般的な常識として前戯が必要なことは大方の男性は知っているが、心技一体 充実した前戯は開発行為のひとつとして取り入れることも可能である。
前戯の実技は数多いが決まったルールとてあろう筈はなく、独自の技巧を持つことも大いに望まれるし、かつマンネリ化を避けることも必要だ。
冒頭に記述した“知情意を伴うことなくして開発はあり得ない”ことを忘れてはならない。

 以下、本補助具を装着しての技巧を記述する。
先ず、前段として正常位について女性は仰向けになり開脚し両膝を立てて男性に合わせて腰を浮かせるような(腰からお尻にかけて厚めのクッションを敷き膣口を斜め上向きに)体位で、男性はわずかの開脚となり両膝と両腕の肘をもって己の体重を支えつつ覆いかぶさり双方の胸腹部及び恥骨の辺りが触れ合うように、かつ腰部を屈曲し膣口に合わせた挿入角度を得るような体位とし、因って身体全体の動きを勃起した陰茎(本器)に集中できる体制とする。
上記正常位をもって本器の基部(最大外径45㎜)の縁(ふち)は、クリトリス(陰核)から馬蹄形に拡がる小陰唇(数千本に及ぶ性感神経が張り巡らされているという)の縁 (へり) に包まれるように取り込まれる(古来、女性器を“舟”に例えた道理)と共に硬質サックとの接続部(最大外径約40㎜)はGスポットに摩擦接触する。そして本器(標準L165㎜)を装着した男性自身で勃起した陰茎より30㎜余長いがゆえに先端亀頭収納部位は子宮経膣下部(ポルチオ性感帯)に到達する。このとき亀頭部(ヘッド)と子宮口部との交接が初体験ですので確実に交接しているのかこの体制で強く押し付けても大丈夫なのか確かめるようにくれぐれも優しくい熱いささやきも欲しい大切なひとときである。
前記の技法については小陰唇性感部を素通りして奥のポルチオ性感帯を的にして…となるが、先ず基部の小陰唇開口部から挿入するわけで小陰唇性感部にも接触しているものの的を絞っての動きはおのずから違うものであることをご理解いただきたい。つまり、これまでクリトリスにフィットしつつ小陰唇でのP運動をもって絶頂性感を得ることを常態としてきたわけで、どうしても従来のままに 先に小陰唇での絶頂性感を得るものでその後の不応期(15~30分以上とも個人差は大きく、その都度差異ある)にあっては、未開発の子宮経膣下部(ポルチオ性感帯)での受け入れも拒むものである。

 ポルチオ性感モードに入る前段では、スローペースが望まれる。
基本は押し引きとするも“引き”は“押し”の力を弱めるだけでつまり例えばオシー㊡オシー㊡押し・押し・押し(繰り返し)のリズムの形(使用者たる男性独自のリズムとし、そうしているなかでにわかにポルチオ性感モードに入ったのではと素振りを見てとることになれば大成功である。ポルチオ性感モードに入った後は、相手パートナーの欲するままに呼応しての動きになるので独自の技法を確立したい。
突き上げるようにしたり揺らしたり試みることで 最高レベルの性感が小波から大波が押し寄せるごとく体力の続く限り持続する。(猟奇的とも思えるパートナーの性行動に戸惑うことも。)
《本器を使用したとしても当初からポルチオ性感帯での絶頂性感が得られることは殆どない。知情意を養い充実した情交を重ねること及び前述のタイミングとかチャンスとかは意外と大切なことですのでご留意のこと。前記は一事例であって自分なりの独自の技巧を確立することもあって良いし、むしろ大いに必要なことである。》
以後①本器“如意棒(愛称)”の装着 ②独自の押しのリズム ③ポルチオ絶頂性感の記憶 ④前戯(愛撫)の記憶⑤愛のささやき等々・・・を キーワード《回を重ねる毎にキーワードは何かを確立し、その向上を図ること。》とした記憶の再現を催眠状態の“自己暗示”のように受け止め、たちまちにしてポルチオ性感モードに入るようになる。
“愛の調教師”は男の役割として心得たいものである。
この禁断の扉を開けてしまった男性はあくまでその欲求に応えなければならないわけだが、本器は元々萎えの状態をサポートするための補助具であり、中途での萎えあるいは脱落の心配は皆無であり、その機能は限りなく持続可能である。

 性行為自体ある意味では男と女の戦いの場でもある。
性の本質を追求すれば“創造主による人間の性行為は女性本位のいとなみである。”とする論説にならざるを得ない。本器を装着した男性は、身体の動きをもってどう攻めるかは、あくまでもパートナーが望む攻め(女性本位)であり、男性の思いやりと努力により、男性とは比較にならないほどの絶頂性感に陶酔する女性をして真の戦いに勝利した歓びとしたい。

 創造主は、女性をして傑作だと自讃しつつも男性をして失敗だったとしているとか
何はともあれ女性は頑丈で長命だ、“女は灰になるまで”の俗言さえあるなかで世の夫婦は男性が女性よりも4~5歳は年上であり、当然のこと10~20年は性行為リタイヤ生活を過ごしている。
男性諸氏は、還暦を迎える頃から勃起不全の兆候があり、意のままならない状態となるが、幸いにも性行為は秘め事ゆえになんとか体面を保っているものの失われつつある10~20年もの間 現役で男の役割を果たせるとしたらどれほどの人生の励みとなるか図り知れないものがある。

 以下、男性の性感について記述するなかで、男性の役割について記述する。
男性の性感は勃起した状態における摩擦感と締め付け感による生理的欲求の達成感である。
本器内に取り込まれた陰茎は勃起したり同質量の萎えの状態となったりして、適度の締め付け感はあるものの摩擦接触の感はなく、大方は性感を得ることはできないものである。 代わりに本器と小陰唇及び女性膣壁さらには子宮経膣下部(ポルチオ性感帯)との摩擦接触(ピストン運動等の身体の動き)は100%伝動することをもって最大の技術特徴としている。
元々勃起の状態にはないので当然のことながら射精までは期待できないが、そもそも男性の性的快感は射精時の数秒間で相応の性感はあるものの特に高齢者の場合はそのこと自体が難儀な場合が多く、事実何としてもと頑張る男性は少数派だと言われている。
〘女性の多くは精液等は欲求していない。どうでもという場合は、装脱して手淫により意を高めてから、すかさず交接する手法になるが難題である〗

 通常の性行為では早漏に悩む男性も含めて、射精したら萎えてしまうので女性は不満やるかたない状態となるのが通例であるが、本器を装着すれば中途での萎えはあり得ないので心配無用である。特にポルチオ性感帯が開発されたパートナーにあっては、男性としては充分に満足させるよう限りなく持続するように努めなくてはならないわけであるが、前述の通りED・短小・早漏等の状態にある男性も含めて、本器を装着する限りにおいては 内部が陰圧状態(終始吸引されている)にあることで 終始 身体方向に引き寄せられており、限りなく逞しくも凛々しい勃起の状態を維持することができる。

本器は“物(もの)”であるがゆえに “愛する男性が介在してこそ機能するもの”双方共に知情意を養い慈しみむあう心を大切にしたい。

本器は“物(もの)”だけど活かして使えば本物以上、何倍もの絶頂性感を施与することがで きる。

未だ大丈夫と自認する若年層の男性であっても、本器は “鬼に金棒(強い者が強い味方を得て さらに強くなる例え)”のとおり類まれな巨根の状態を限りなく維持することを鑑みればおよそ全世界の男性が必要とするものである。

 ちなみに男性としての役割、本器の機能及び効果を充分にご理解いただき、男性諸氏の必需品としてご愛用いただきたく思うとともに、今後更なる研究を重ね完成度を高めたいところである。

Copyright©SSLIFESUPPORT All Rights Reserved.